イベント詳細

【第17回日本蛋白質科学会年会】

セッション日時:2017年 6月21日(水)2WA, 16:00-18:30
会場:仙台国際センターA会場(会議棟2階 橘)
オーガナイザー:神田 大輔(九州大),西田 紀貴(東京大)

テーマ:
「タンパク質が動作する姿を活写するための測定・解析技術」(英語セッション)
静的ではあるが精密なタンパク質分子の立体構造は,生体機能素子としてのタンパク質の機能を説明することに成功してきました.しかしながら,生命現象の本質を理解するには,タンパク質が実際に働いている細胞環境などの現場において,過渡的にしか存在しない準安定状態を適切な手法を用いて動的に観測する必要があります.それを可能にする測定・解析技術を,応用例をもとに紹介しました.

“Measurement techniques for visualizing 'live' protein molecules”
Static, but accurate 3D protein structures have provided convenient explanations of the protein functions as biological functional elements. However, we still need to understand the more details of the dynamic aspects of protein structures in transient states under physiological conditions. In this workshop, we selected interesting research topics to discuss the developments and applications of new measurement techniques.

プログラム (*は新学術領域関係者)

始めに
Opening Remarks
○神田 大輔*(九州大)

ナノダイヤモンド量子センサーによる蛋白質動態の3次元計測
Three-dimensional measurements of protein dynamics using nanodiamond quantum sensors
○五十嵐 龍治,源城 拓哉,原田 慶恵,白川 昌宏*(京大・工,大阪大・蛋白研)

Exploring conformational equilibria of a multi-domain protein MurD by paramagnetic lanthanide probe in NMR and EPR
○斉尾 智英*,平松 蒼野,浅田 瑞枝,瀧下 俊平,中村 敏和,石森 浩一郎(北大院・理,北大院・総化,分子研)

in-cell NMR 法を活用した生細胞内の生命現象のリアルタイム活写
Real-time observation of the biological events within living cells using in-cell NMR
○西田 紀貴*,嶋田 一夫*(東大・院薬)

シャペロニンのアンフォールディング作用によるフォールディング促進効果
Acceleration of protein folding by chaperonin-mediated unfolding
○元島 史尋,吉田 賢右(富山県大・工・生物工,京産大・総合生命)

High-speed atomic force microscopy visualization of the nuclear pores dynamics in colon cancer cells
○ウォング リチャード*,安藤 敏夫*,中山 隆宏,田岡 東(金大・新学術・細胞, 金大・バイオ AFM 先端研究センター)

酸化的フォールディングの触媒過程にみられる Protein Disulfide Isomerase の動的な結合と解離
Dynamic assembly/disassembly of Protein Disulfide Isomerase during the catalysis of oxidative protein folding
○奥村 正樹*,野井 健太郎,金村 進吾,引間 孝明,秋山 修志,小椋 光,稲葉 謙次(東北大・多元研,東北大・学際科学フロンティア研,熊大・発生研,理研・SPring-8,分子研)

ページの先頭へ