イベント詳細

【第55回日本生物物理学会年会】

セッション日時:2017年9月20日(水)2SGA, 8:45-11:15
会場:熊本大学黒髪北地区(熊本市)
オーガナイザー:塚崎 智也(奈良先端科学技術大学院大学),神田 大輔(九州大学)

テーマ:
「生体膜模倣環境としての新しい界面活性剤,リポソーム,ナノディスクの利用」(英語セッション)

概要:
膜タンパク質の研究において,生体膜から界面活性剤を用いて膜タンパク質を可溶化し,再び脂質2重膜に再構成することは,難度が高いが避けて通れないプロセスである.新しい種類の界面活性剤,リポソーム,ナノディスクの利用について,基礎的な物性解析から幅広い応用までを含めたセッションを行い,議論することで,生体膜模倣環境技術の現状と将来について展望する.

“New detergents, liposomes, and nanodiscs as membrane-mimetic environments”
The solubilization with detergents and reconstitution into lipid bilayers is a critical process in membrane protein studies. Intensive talks on the basics and the applications of new detergents, liposomes, and nanodiscs for proper treatment of membrane proteins will be given to view a present and future status of the membrane-memetic technology.

プログラム (*は新学術領域関係者)

リポソーム・ナノディスクの膜環境と脂質ダイナミクス
Structure and Dynamics of Lipids in Liposomes and Nanodiscs
○中野 実(富山大学大学院 医学薬学研究部)

脂質ナノディスク形成のための膜活性ポリマーのデザイン
Molecular design of membrane-active polymers for lipid nanodisc formation
○安原 主馬, 井上 雅也, 荒木田 臣, 菊池 純一(奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科)

脂質-タンパク協同性による上皮成長因子受容体の膜近傍ドメイン二量体形成機構
Lipid-protein cooperativity in the regulation of juxtamembrane domain dimer formation in epidermal growth factor receptor
○前田 亮, 佐藤 毅, 岡本 憲二*, 佐甲 靖志(理研・佐甲細胞情報, 京都薬科大学)

High-speed AFM observation of membrane protein embedded in Nanodisc
○Takamitsu Haruyama, Yasunori Sugano, Yoshiki Tanaka, Hiroki Konno, Tomoya Tsukazaki*
(Grad. Sch. of Biol. Sci., NAIST, Bio-AFM FRC, Inst. of Sci. & Eng., Kanazawa Univ.)

GraDeR: 遊離界面活性剤無膜タンパク質の調整方法
GraDeR: micelle free membrane protein preparation
○Gerle Christoph(阪大・タンパク研)

リポソーム中の膜タンパク質機能構造を捉えるクライオ電子顕微鏡単粒子解析法
CryoEM single particle analysis for functional structure of membrane proteins in liposomes
○重松 秀樹*(理研ライフサイエンス技術基盤研究センター)

ページの先頭へ