イベント詳細

【GENESISの新バージョンのリリース】

GENESIS分子動力学ソフトウェア(ver 1.3.0)の新しいバージョンを公開しました.
https://www.r-ccs.riken.jp/labs/cbrt/

概要:
GENESISは「京」などの超並列計算機で高い並列効率を示し,最もスーパーコンピュータ「京」の性能を活かすことができるソフトウェアの一つです.化学反応における自由エネルギー面や安定性などの静的性質や,反応解析やリガンド等の相互作用予測にも用いることが可能となります.GNU General Public License(GPL) v2の下,フリーソフトとして公開しており,現在は国内外の研究者に利用されています.新バージョンではgREST(generalized Replica Exchange with Solute Tempering)という新しい構造探索手法が導入されており,比較的大きなタンパク質分子や膜タンパク質,タンパク質・基質結合のシミュレーションなどを効率的に行うことが可能になりました.

ページの先頭へ