イベント詳細

【第18回日本蛋白質科学会年会】

セッション日時:2018年 6月28日(木)3WDp, 15:00-17:30
会場:朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンターD会場(3階 中会議室 302A)
オーガナイザー:神田 大輔(九州大),西田 紀貴(東京大)

テーマ:
「生体高分子のインセル測定技術」(英語セッション)
タンパク質などの生体高分子の立体構造が動的に変化する様子を、生きた細胞内環境において測定することは未だに 困難な課題である。インセル NMR 法とクライオ電子線トモグラフィー法は、現時点においてこれを実現出来る可能 性が高く見込まれる測定手法である。本ワークショップでは、これらの測定技術の最近の技術進展と応用例を俯瞰することで、その将来性について議論する。

“In-cell measurement techniques of biomacromolecules and beyond”
It is still a challenging task to measure the 3D structures and dynamics of biomacromolecules, such as proteins, within living cells. Currently, in-cell NMR method and cryo-electron tomography are highly promising to achieve this goal. We will overview recent technical advances and applications of those measurement techniques to discuss their future prospects.

プログラム (*は新学術領域関係者)

NMR を用いた細胞内蛋白質の立体構造,フォールディング安定性および動的平衡状態の解析
In-cell NMR studies on protein 3D structure, folding stability and conformational equilibrium
○伊藤 隆* (Yutaka Ito)、池谷 鉄兵 (Teppei Ikeya) 首都大・理・化学 (Dept. of Chem., Tokyo Metropolitan Univ. )

ヒト培養細胞の健全性が細胞内タンパク質のフォールディング状態に与える影響
Impact of cellular healthiness on protein folding state in cultured human cells
○猪股 晃介 1 (Kohsuke Inomata)、鴨志田 一 2 (Hajime Kamoshida)、伊藤 隆* 2 (Yutaka Ito)、 木川 隆則 1,3 (Takanori Kigawa) 1 理研・生命機能 (BDR., RIKEN)、2 首都大・理工 (Dept. of Chem., TMU)、 3 東工大・情報理工 (Sch. of Comp., Tokyo Inst. of Tech.)

In-cell NMR 法によるヒト細胞内核酸のダイナミクスおよび構造安定性評価
Evaluation of the structural stability and dynamics of nucleic acids inside the living cells by using in-cell NMR spectroscopy
○永田 崇* 1,2 (Takashi Nagata)、山置 佑大 1 (Yudai Yamaoki)、片平 正人 1,2 (Masato Katahira) 1 京大・エネ研 (Inst. of Adv. Energy, Kyoto Univ.)、2 京大・エネ科 (Grad. Sch. Energy Sci., Kyoto Univ.)

血清環境下における抗体の相互作用解析
Characterization of antibody interactions in serum environment
○谷中 冴子* 1,2 (Saeko Yanaka)、與語 理那 1,2 (Rina Yogo)、矢木 宏和* 2 (Hirokazu Yagi)、 加藤 晃一 1,2 (Koichi Kato) 1 生命創成探求センター / 分子研 (ExCELLS/Inst. Mol. Sci.)、2 名市大院・薬 (Grad. Sch. Pharm. Sci. Nagoya City Univ. )

クライオ電子線トモグラフィー法による IgG と IgM の構造解析
Visualizing IgG and IgM molecules using Cryo Electron Tomography
○三瀬 武史 1 (Takeshi Mise)、前川 あゆ美 1 (Ayumi Maegawa)、アンダレス ルビー 1 (Ruby Andales)、 福永 響 1,2 (Hibiki Fukunaga)、スコグランド ウルフ 2 (Ulf Skoglund)、亀井 朗 1 (Akira Kamei) 1 沖縄プロテイントモグラフィー(株) (Okinawa Protein Tomography Ltd.)、2 沖縄科学技術大学院大 (OIST)

クライオ電子線トモグラフィー法による細胞構造の解明
Cell architecture elucidated by cryo-electron tomography
○安永 卓生* (Takuo Yasunaga)、肥後 智也 (Tomoya Higo)、荒牧 慎二 (Shinji Aramaki)、 高崎 寛子 (Hiroko Takazaki) 九工大・情報工・生命 (Dept. of Biosci. Bioinfo., School of Comp. Sci. Sys. Eng., Kyushu Inst. Tech.)

ページの先頭へ