領域発足にあたり

領域代表:神田 大輔 Daisuke Kohda
(九州大学生体防御医学研究所)
領域代表:神田 大輔 Daisuke Kohda(九州大学生体防御医学研究所)

静的ではあるが精密なタンパク質分子の立体構造は、生体機能素子としてのタンパク質の機能を説明することに成功してきました。しかしながら、生命現象の本質を理解するには、タンパク質が実際に働いている細胞環境などの現場において、過渡的にしか存在しない準安定状態を適切な手法を用いて動的に観測する必要があります。本研究領域では、磁気共鳴法、原子間力顕微鏡、結晶解析手法を新発想に基づいてさらに強力な計測手法へとバージョンアップし、新しい計算手法と集中的な応用によって検証を行います。そして、構造生物学と生命系研究者の密接な相互協力により、独創的計測技術の開発と普及を図ります。

ページの先頭へ